触覚フィードバックを用いた入力デバイスの試作・評価

現在の主なユーザインタフェースは画面を使って情報を提示するものであり、ユーザは目を酷使してしまう傾向にある。人間の持っている他の感覚器官を利用して目の負担を軽減したい。そこで、補助として触覚を用いる事で、目だけでは捉えきれない情報を伝え、目の疲労を軽減、または目の見えない人でも使いやすいインタフェースを構築する事を検討した。そこで本研究では、モータによって飛び出す突起を親指に当てる事で触覚フィードバックを与えるマウス型デバイスを試作し、様々な被験者実験によってデバイスを評価してきた。

image